テーマ:童話

童話「ユーリとぼくと ねことユーリと」

「ユーリとぼくと ねことユーリと」                        by猫式部 ぼくが ヒトだったとき ぼくは ユーリが大すきでした ずっと ずっと 大すきでした だのに ユーリはぼくには目もくれず 20さいでけっこんして 30さいで3にんのこどもをう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の童話その2

 お台所で、お母ちゃんがお野菜を切っています、トントントントン…って言いたいけれど、お母ちゃんの音は、いつも、トン…、トン…、トン…、トン…。  「あんたは、料理がヘタだねえ、ほんとに不器用なんだから」  おばあちゃんにそう言われるたび、お母ちゃんは泣いてるような、笑ってるような、ちょっとヘンな顔になります。  お母ちゃんの指は、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夏の童話その1

 それは、お日さまがいつもより大きな笑顔を見せている夏でした。  みみは、ひとりで石けりをして遊んでいました。だあれもいなかったからです。  かっと照りつける光、底の底まで蒼く澄んでいる空、時おりほほをなでていく風。みんな、みんな、みみだけのものでした。  そこへ、一匹の猫が通りかかりました。茶色のまだら猫です。そして、みみがいま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more