今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 狼の孤独か、羊の退屈か

<<   作成日時 : 2011/03/08 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 人はすべて、どの時代のどの国のどの家庭でどういう人生を送るか、生まれる前に自分で選び、“神様”とお約束してきたのだ、でも、それを忘れているだけ…と言うひとがいる。

 もちろん、それを検証する術はないし、そうだったとしても、私も忘れているクチだ。ただ、小さい頃にわが家庭を観ていて、“ケ”の繰り返しや、“ハレ”のみんなでおでかけとかそういうのって面倒くさいな、退屈だなあ、一人でずっと本でも読んでいたい、と何度も思ったものだ。

 選ぶんなら、退屈よりは孤独だな。羊の人生か狼の人生か、さあどっち?って聞かれて、狼を選んで生まれてきたように思える昨今だ。それもまたいい。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たま〜に聞く二択ですけど、羊は隣り合う仲間に対して気を使いすぎたり使わなすぎたりでストレスたまりまくるんで、狼の方が気楽でイイって気がするんですよ。
特にこの頃。(;´д`;)
仲間…ちうか、同類がイッパイおるから孤独でない、なんてのはステレオタイプな考え方だと思うのdeath。
よろづ屋TOM
2011/03/10 18:37
まいどー! おおきに。

おっしゃるように、たった一人でいるよりも、周囲に人がいっぱいいて、「あ、この人たちとは、ずれてるな」と感じる時、雑踏の中で自分の人生と交差しない人とばっかりすれ違っている時のほうが、孤独感を感じますね。
ま、そういうのを楽しんでるクチですけど。遠足とか運動会とかヤだったし、旗持ってる人についていくツアー旅行よりも一人旅のほうが断然好き。やっぱり、狼であることを認識して腹くくった方が人生ラクかも、と思う昨今でございます。
猫式部
2011/03/10 22:52
まいどまいど有難うございます。

しかし、「羊」や「狼」ちゃぁ実に西洋的な発想ですなぁ(笑)
昨今、「無縁社会」などという言葉が世間では流行ってますが、結局、身の回りに溢れている「御縁」が煩わしいからと、自ら眼を閉ざしているだけではないでしょうか?
ちなみに、英語に「御縁」という言葉はありますか?
「つなぐ」や「むすぶ」や「くっくつ」などの軽いものじゃないですよ(笑)

おかげさまで有難うございます。合掌
天福坊じそう
2011/03/11 04:58
毎度おおきにです!

いやあ、“狼”とか“羊”とか言いながら、けっこう遊んでるワケです(ヒマか、私は)。

ただね、ブログの他の欄でも書いたんですが、西洋的なものがすべて悪で、東洋的なものがすべて善であるとは思っていないんです。それぞれに善いところをすくい上げて、それを心の柱にして生きていけばいいのではないでしょうか。

ちなみに、karumaという言葉が浮かんできましたが、一般的な縁とはこれまた違うんでしょうねえ。
猫式部
2011/03/11 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
狼の孤独か、羊の退屈か 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる