今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄は、まだ強いられるのか

<<   作成日時 : 2010/05/23 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日のニュースにもあったとおり、結局、アメリカ軍は沖縄から出ていかないんだな。日常茶飯としてある爆音や、いつ自分の上に落ちてくるかもしれぬ低空飛行の飛行機、米軍の兵士が退屈あまりにか、欲求不満のせいかわからないけど、たびたび起こす事件。そういうものは、霞が関には届かない。いっそなら、東京のど真ん中にでも移転させてはいかが、とまで言いたくなる。

 劇作家・作家の北村想さんが5月始めのブログではこう書かれている。「米軍の沖縄基地が、日本の軍事的安全のためにどの程度、功を奏しているのか、この説明がひとこともナイのが不思議。アメリカ軍は、絶対に日本から出て行かないし、日本本土で基地を受け入れるところも絶対にナイ。そうすると、自衛隊強化ということになる。なってもかまわない。日本国憲法9条遵守であれば。埋め立てるのか、杭を打つのか、などと、基地問題を土建屋問題にすり替えてはイケナイ。問題は「理念」なんだから。この基地問題は、ほんとうは、9条議論にまで発展していかなくてはイケナイ。」

 理念が、そして、それに沿って実行していけるかどうかが、本当に問われている。ここをきっちりしておかないと、ホンマに、日本はこれから国際社会でアホにされるし、国民からの不信感も高まるばかりですよー。

 結局、安保関係でアメリカに強くは打って出ていけない日本。アメリカ政府は、アメリカに対して従順だった自民党に政権を交代してほしいと思っているのは間違いない。この間起きた、北朝鮮の魚雷の韓国船襲撃事件も、なんだか怪しい。アジアはこんだけ軍備が必要なんだよ、と思わせる米軍の思惑が絡んではいないだろうか、なーんてね、ふと。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄は、まだ強いられるのか 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる