“執着”がどんどん減っていく

 あれこれ、わりとこだわりの多い私だったように思うが、近頃、執着が減ってきたなと感じる。  人間関係でも、ソリの合わない人とは猛然と闘ってたりしていたが、他人は変えられないというのがわかって、あの人はあの人、私は私。むやみに闘うのは無駄だと、昨今は受けとめて、アカン部分は右から左へと流している。  長い距離を要して列車で会い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“4番・鳥谷”はちと違うんでないの?

 阪神タイガースの名ショート・鳥谷敬くんが、阪神94代の(というのもなんか笑えるが)ここんとこ4番打者になっているが、どうもますます打てなくなるんじゃないかと心配だ。  4番打者にファンが求めるのは、やっぱり一発大きなホームラン、場面をあっという間に変えてくれる長打である。しかし、彼はいわゆる長距離ヒッターでないのは明らか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事に貴賎はないのだが

 人は、というか、俗人はというべきか、まずは見た目で他人を評価する。その人が何を考え、どういう想いを抱いているかなど、ぱっと見てわかるわけがないのは当たり前なのだが、職種もそういう評価基準にさらされる。  社会的地位や経済的地位をわかりやすくアピールする立場にある人は、それだけで「へへへ~!」と、水戸黄門の御紋の如き効力を発揮でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園球場にイタチ現る!

 ああ、びっくり!高卒ビッグ・ルーキーの藤浪くんがめでたく10勝をあげ、1時間半近くも雨で中断した試合だったが、途中で、イタチが走り回ってた!  いったいどこからまぎれ込んだのか。うちの近くでもたまに見かけるけど、あんなに大勢の人がいる場所に、どうしてどうやってグラウンドに入り込んだのか。カメラが捕えた最後のイタチの映像は、カメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香りの善し悪し

 近頃、テレビのCMで、やたら香りの推奨が目立つけれど。合成香料で気分が悪くなったり、体調に支障をきたしてお医者に駆け込む人も増えているそうな。  洗濯や台所用の洗剤になぜそんな香料が必要なのか? 洗濯用洗剤や柔軟剤(うちは全く使わないが)なんかに使用されている香料は、けっこう長く続き、それで頭が痛くなる気分に襲われ、しかも、ああ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主婦の手に見入る

 もう一つの、新しい仕事場では主婦がほとんどだが、実際、たくましいなと思う。特にその手!  ま、私も冬になればガサガサになりやすいタチだし、美しいといわれる手には程遠いんだけど、そういう美的基準なんか吹き飛ばすぐらいの太くてけっこう大きな手の存在感と出会い、しばし目をこらす。何人かの子どもを育ててきた手、洗濯や台所の洗いものに鍛え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏女の元気術

 ご無沙汰してますが、皆さまお元気でしょうか。私はエアコン嫌いなのに元気。単なる忙殺が原因のご無沙汰です。  ここんとこ2カ月近く全日休業なしだけど、暑いほど元気になる夏女。まあ、しっかり食べて飲んでます。やっぱり、血液をきれいにしてくれる青菜(小松菜やほうれん草、菊菜、モロヘイヤ、大葉などなど)を毎日いずれかをしっかり食べ、大豆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“世界一のショート・鳥谷”は嬉しかったけど

 つい野球ネタが続いてる。情けない昨日を引きずって、また負けの阪神タイガース。だけど、甲子園球場のファンが掲げているボードに「世界一のショート鳥谷」とあって嬉しく、久々に彼のホームランまで出た。しかし…。  昨夜の試合では、もうボロボロの点差がついているなか、鳥谷くんがダイビングキャッチをしたけど届かず、ボールが外野まで行ってしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷くんは不調、でも不死鳥。

 「ナイター中継がないと、夜はサビシイよね」と、先日も大の阪神タイガースファンのT氏と話したけど、ほんまそう。今日の昼間は雨が降ったりやんだりのややこしい天気だったけど、水はけが良く、熟練のグラウンド整備士を備えている甲子園球場、楽しみにしてた巨人戦も行われた。でも、今日は負け。ま、そういう日もあるさ。  でも、気になるのが、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園の神様が

 甲子園の神様がついてるとしか思えない藤浪晋太郎くん。よかったね!高校野球時代から13勝、負けなし。  運も才能の内、とはよく言われるけど、その才能に対して天が味方してくれるような何かを持ってるか、そのように自ら努めているか、だろうな。  ワタクシはほとんどWワークで休みなし。天が味方してくれるようがんばりまっす。でっす。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の伝統工芸、ほんまに危機!

 以前にも、着物の有松絞りを生み出している職人さんの多くが80代だというテレビ番組を観たが、日本の伝統工芸はかなりヤバい事態になっているという。  今週は京都・伏見を拠点としている職人さん・作家さんたちを取材させて頂いたが、後継者不足はかなり深刻だ。京繍(きょうぬい)師、染色家、釜師、指物師、布アート作家、能面師の方々と会ってお話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wワーク、当然ながら休みなし

 これまでのお仕事と共に、諸事情ゆえWワークとなったが、いやはや当たり前のように、丸一日の休みなんてどこ吹く風だ。  しかし、両親から頂いた身体が有難いことに強健であるのか、忙しいほど、なんか元気である(と言いながら、カラ元気である日バッタリかも~だけど)。同じとこで働いているずいぶん若き主婦たちが、仕事を終えて家に帰ったら、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋するほどの鳥谷敬くんのプレイ

 お蔭さまで、今日も阪神タイガースは逆転勝ち!大和くんの独壇場で、はるばる鹿児島から応援に駆けつけはったご両親をはじめ応援団の前で、プロ初のさよならヒットを初め、果敢なヘッド・スライディングによるセーフティー・スクイズ!思い出に残るイイ日になったことでしょう。よかったねえ。よかった、よかった。  今日は、鳥谷くんはいま一つだったよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷&西岡選出、藤浪くん

 阪神タイガース、やっとトンネル抜けた!プロ野球オールスター戦は鳥谷くんと西岡くんが決まったね。  ゴールデン・ルーキーの藤浪くんは滑り出し最高だったけど、ここんとこやはり各チームに研究されてて、けっこう打たれ、同じく高校卒ルーキーの日ハム・大谷くんに先を越された感じだが、大丈夫だよ。しっかり欠点を見直して立て直して出て来てほしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wワークだ、いざ!

 のんべんだらりと、持ち前の能天気でフリーランサーの道をここまで歩いてこれたほうがまあ奇跡だろうと思うのだが、奇跡だからといって、その過去の奇跡が将来を約束してくれるわけではないうえ、現在はほとんど崖っぷち状態。で、いろいろ考えた末にWワークと相成った。  どうもこの年では、今までの職種でフルタイムのお仕事を探すのは無理だろうとわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯を抜く決断の男女差?

 数日前から、奥歯で噛むと痛み出し、そのうち食事時でなくてもジンジン痛み、奥だからどうなってるのかいまいちようワカランので、急きょ歯医者に。  単なる知覚過敏か、歯ぐきが腫れてるのか、それとも一番避けたい歯のダメージか?結局は最も避けたかった歯の末期症状だった。先生が鏡で見せてくれたが、もうグラグラ。け!やばい。「抜いて、ブリッジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AKIKOとヤス子~舞踏家を描いた2つの映画の違い

 『そしてAKIKOは… ~あるダンサーの肖像~』の試写室では鼻水をすする音がし、泣いてるだろうなという人の気配が濃厚に漂った。しかし、泣きべその私なのに、一滴の涙も出なかった。あまりに痛々しく、その痛々しさのクローズアップだけが強烈に残った。  2011年に癌で亡くなったアキコ・カンダに密着した羽田澄子監督のドキュメンタリー。羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷敬くんのこと

 「鳥谷選手って、男前やん」と、数年前に同じ阪神タイガースファンの友人に言われ、「え?そうかなあ」と答えた私だが、最近、私における彼の男前指数はかなり上昇中!  今日も、マートンのさよならホームランでみごとセ・リーグ首位奪回を果たしたが、彼のヒットがあればこそ。あのWBCに出場し、台湾戦で驚きの盗塁を決めたのは記憶に新しい。3-2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうと言いたくなる職業

 6月になった。近頃、ご無沙汰多しですが、生きてます。ついに、“二足のわらじ”にチャレンジ。  …ってことは関係ないっちゃ関係ないが、株価がどうのこうので、こちとらには全く異次元のことが飛び交っている昨今。ネットビジネスなんかで大儲けしたりしている人に、「御苦労さま」だとか、「ありがとう!」と声をかけることはない。でも、介護のお仕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちび野良猫を見送る

 猫好きでない限り、野良猫はご近所の迷惑の一つのようだが、命は命。今日は、大阪の青空の下、小さな猫が逝った。  少し前に、黒い赤ちゃん猫3匹が排水溝にうずくまっているのを見つけた。そのお母ちゃんは、早くもうずうずしているのか、オス猫を追いかけて、ほとんど育児放棄。もう、うちでは飼えないので、子猫用のキャットフードやらお水を時折運ん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more