最も美しいレコード・ジャケット

 家のレコード・プレーヤーのカートリッジがはずれ、針も変えねばならない時期だったけど、どうしようどうしようのまま年月が過ぎた。

 メカに弱いんで、ほんまこういうことは困る、ほんまに困る。で、そのままで放置して、持ってるCDだけを聴いて過ごしたんだけど、どうしても聴きたい病を煽ったのは、フリートウッドマックの名盤『RUMORS』。LPレコードは持っているけど、上述したような事情で聴けない。とうとう諦めて、CDを買った。某有名Tレコードで1000円で出てたのには驚いたけど。

 改めて感じたのは、このレコードのジャケットの美しさだ。


Rumours
Rhino
2004-03-22
Fleetwood Mac

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Rumours の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 白と黒のシンプルなコントラスト、私の大好きなこのメンバーのヴォーカリストでありソングライターでもあるステーヴィー・ニックスが天使に見えてくる。改めて、凄く美しいジャケットだと思う。
 私はステーヴィー・ニックスのキュートだけどしなやかな力強さを持った歌声にひどく惹かれ、このアルバムが出た当時は京都の下宿時代、アルバイトで手に入れたお金で買ったそのアルバムは宝物だった。彼女が作る曲も好きだ。この名盤でも特に『DREAMS』が気に入ってて、今回CDで買い求めたのも、時折、頭の中で鳴るこの曲を直に聴きたかったからだ。

 やっぱりなあ、ええなあ、宝物の音楽!
 ちゃんとレコード・プレイヤーも修理しなきゃな、という気にさせられる。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック