今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『ブラック・スワン』

<<   作成日時 : 2011/05/11 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

創造とは深淵を見つめること。
その強さを持てるかどうかだ。

 某紙に私の名前でこの映画について書き、すでに発刊されているから、営利目的でないここに転載しても問題はないと思う。

 事前になるだけ情報をシャットアウトして映画を見るものだから、なんとなくバレリーナのサクセス・ストーリーをイメージしていたが、これはもう、ホラー映画だ。ヒロインが自身を追い詰めていく過程、割れた鏡が示す鋭角的な恐怖。ゾクゾク感たっぷりだ。
 本年アカデミー賞で、ナタリー・ポートマンに主演女優賞をもたらした話題作。ライバルひしめくニューヨーク・シティ・バレエ団に席を置くニナは、『白鳥の湖』のプリマに選ばれ、夢をかなえる。だが、純真な白鳥と邪悪な黒鳥の2役を演じ分けねばならず、大きなプレッシャーと戦い始めるのだが…。
 ニナが白鳥で、自由奔放なライバルのリリーが黒鳥を表すという単純な構図ではない。ニナ自身がしたたかな面を隠し持っており、リリーはニナの合わせ鏡のよう。激しいレッスンで黒鳥を踊るニナの中に、ぽっかり顔を出し始める暗黒、さらに、元ダンサーの母親との確執、芸術監督ルロイに寄せるひそやかな欲望…それらが混然一体となってニナに突きつけてくる。どの芸術でも、境地に至るとは、自分の真の姿を真正面から見つめることなのだ、と。
 『白鳥の湖』の物語をダブらせ、ダーレン・アロノフスキーが監督。ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニスほか共演。

 いやはや、怖かったですよー!

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/08/30 20:59
■映画『ブラック・スワン』
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/10/17 01:41
ブラック・スワン
84点 ...続きを見る
我が頭に巣くう映画達
2012/03/31 18:19
映画 ブラックスワン
 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ... ...続きを見る
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
2012/04/01 10:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『ブラック・スワン』 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる