今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 動物は家族の死を感じるのか

<<   作成日時 : 2013/11/22 21:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ご近所の神社の池には、二羽のあひると、十匹かの亀がいて、時々のぞき込んで私なりの会話をしていた。あひるは、白く優雅な容姿にもかかわらず、時々びっくりするような甲高い声で鳴いていたが、泳いでいる時も、岸辺に座っている時もいつも二羽仲良くそばにいた。「きっと、つがいやね」と、そばにいたご婦人がつぶやいていた。

 でも、ある日ある時、通りかかって池を眺めたら、あひるが一羽だけ。池の表面には白い羽がいくつか浮いていた。その後も何度か池を見たけれど、あひるは一羽だけ。亡くなっちゃったんだろうか。近ごろ多くなったカラスに襲われたのか。

 残されたあひるは寒そうに体を縮めていたり、池を泳いでいたりしているが、もう一羽がいなくなったこと、気づいているんだろうか、とふと思う。

 うちの猫たちのことも想い出す。昨年の11月26日に、りょうまが15歳と半年ばかりで突然死し、その翌年の2月20日に20歳と半年を超えたキューピッドが老衰のような感じで逝った。りょうまが亡くなった後、別にりょうまを探しているふうでもなかったキューピッドだった。ただ、ろうそくの灯が消えるかのようにいなくなった。

 動物はどこまで身近の死を感じ取っているのか。それはちょっと気になる謎なんだけど、な。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
動物は家族の死を感じるのか 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる