今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシェル・カミロの新譜はイイ!

<<   作成日時 : 2013/09/16 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ワッツ・アップ?
SMJ
2013-05-22
ミシェル・カミロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワッツ・アップ? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 5月に発売されていたはずのミシェル・カミロのソロピアノのアルバム。やっとゆっくり聴くことができたが、む〜、やっぱり凄いね!

 かなり前、横浜の赤レンガ倉庫にあるジャズ・クラブで彼のソロを初めてそばで聴いたが、“天にも昇る心地”とはこういうものか!と衝撃を受け、その余韻もやたらめったら長かった。一台のピアノで彼だけが弾いているのに、まるでオーケストラの演奏を聴いているかのよう。ピアノという楽器のポテンシャルをめいっぱい引き出してくれていた。それをまた思い出させてくれるのが、このアルバムだ。

 12曲のうち、オリジナルが7曲。ファンにはおなじみの『ON FIRE』をはじめ、『ISLAND BEAT』や『PAPRIKA』などラテンフレーバーたっぷりのノリノリの曲から、胸を焦がすような美しく切ないバラード(特に奥さまのサンドラさんに捧げた『SANDRA'S SERENADE』や『AT DAWN』)、さらに有名曲では『TAKE FIVE』『LOVE FOR SALE』『ALONE TOGETHER』、映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」でも印象深かった『CHAN CHAN』を取り上げ、彼ならではの調理で魅せてくれる。最後に入っている日本版ボーナストラックの『I GOT RHYTHM』は2011年に彼の故国・ドミニカ共和国の国立劇場でのライヴを収録したもの。ミシェルならではの切れのいいピアノタッチを堪能でき、オーディエンスのたぶんスタンディング・オべーションであっただろう熱狂の空気が伝わってくる。

 実際に会うと、まるで太陽そのものが目の前で発光しているかのような陽気さと親しみやすさを感じさせるミシェルだが、音楽というものへの敬愛と、その音楽に向き合う自分に対する厳しさ、内省の深さがしみじみと伝わってくる素敵な名盤だ。

 この11月には東京ブルーノートに、ビッグバンドと共にやって来て、ソロもあると聞く。…が、行けない。今年はどうあがいても行けないので、このアルバムを慰めにしている。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシェル・カミロの新譜はイイ! 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる