今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 東大寺の大仏さんに会いに行く

<<   作成日時 : 2013/02/23 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 家にこもってると、ほんまに喪中という感じで、気がふさぶばかりなんで、おおそうだ!大仏さんに会いにいこうと思った。

 どうも小さく固まってしまってることを解きほぐしてくれるのは、やっぱりどんとでかいものではないかと気づいたのだ。東大寺の大仏殿はたぶん小学校か中学校の遠足以来。近いほどなかなか行けないのはいつものこと。

 奈良は時折り雪まじりの天候。近鉄奈良駅のほうが近いが、あえてJR奈良駅からとことこ歩いていく。京都も大好きなのだけど、大阪から京都に電車で行くと、降り立ったところはだいたい都市部で、大阪中心部とさして変わらない人ごみ。そこからバスやら地下鉄などで移動しないと、非日常気分になれないが、奈良はやっぱりいまだに田舎である。JRや近鉄電車を降りてすぐにもう都会風情は薄れ、旅人気分になれるのがいい。

 JR奈良駅から近鉄奈良駅までのちょっと田舎っぽい商店街を冷やかしながら歩いていく。商店街が途絶えたあたりから、鹿がやたら目につき、彼らの匂いが濃厚に漂っている。鹿せんべいを手に持った人に、寄ってくる、寄ってくる。でも、小さな子鹿はこっちから寄っていくと、やはりまだ人慣れておらず、後退したりする。

 さて、東大寺。古びた南大門をくぐって、大仏殿へ。黒びた大仏さんは、やっぱり大きく、その表情はとても柔らかかった。地震や火事など、幾つもの災難があり、修復費用が出なかったので、ずっと雨ざらしになっていた時期もあったそうだが、今ここにこうして在るのは奇跡だなと思ったりする。

 一通りみて、もういっぺん真正面から見たいと思ったが、真正面から見られるのは入った時だけで、出口付近では斜め右からしか見られない。で、順路を逆に辿って、もういっぺん大仏さんを見上げる。やはり、優しいお顔だ。

 そこを通り抜ければ幸運があるとかいう裏手の『柱のくぐり抜け』では、子どもたちや、外国人たちがトライして写真を撮ったりでけっこう賑やかである。

 雪のせいで鹿のふんが溶けてずるずるの道を歩きながら、近鉄奈良駅に行き、大阪に帰ってきた。興福寺の五重塔を見つめ、春日大社のエリアも少し歩いた。まあ今日のお目当ては、なぜか昨年あたりから膨らんでいた大仏さんを見に行きたいという願望で、まあそれが成就できたのだから、幸せなことです。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東大寺の大仏さんに会いに行く 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる