今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS ガード下の魅力・京都伏見

<<   作成日時 : 2012/06/06 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 近ごろ、お仕事でまた京都・伏見にたびたび通っているのだが、ここはなかなかオモロイ場所なんだな。

 地方の方が京都観光となると、だいたい京都中心部に行くわけで、洛南と呼ばれる地域に足を伸ばすことは多くはないようだ。むろん、あの福山くんが坂本龍馬を演じた大河ドラマがヒットした一昨年はかなりの人が訪れたんだけど、ブームが去ると、人の足も去る。ちょっとサビシイ。日本人はブームに弱い、一過性のものでも派手な演出に弱い、飽きやすい。

 で、ご当地のタウン誌のお仕事で、今度は、近鉄桃山御陵前駅商店街を“吟遊詩人”になったつもりで取材。近鉄電車のガード下に16店舗、居酒屋あり、スナックあり、バーあり、串カツ屋あり、ラーメン屋あり、たこ焼き屋あり…だけど、いずれも店主がユニークで、頑張ってるなあと感じること多し。この商店街は、約半世紀の歴史を刻んでいて、当初から営業している店もあれば、新しい店もあるのだが、それぞれに個性があって、ゆっくり時間を過ごしてみたくなる。

 ガード下商店街は東京にはけっこうあるらしいが、京都はほんとに少なく、関西圏では大阪梅田の2階建ての飲食店街、あと、神戸・三宮の高架下商店街(ここは飲食店よりもファッション系店舗が多い)ぐらいしか知らない。

 ガード下というのは、どうもあまりイメージが良くなかったようだが、最近は女性や若年層も増え、かなり賑わっている。電車の音にはすぐ慣れて、或る意味、それが風情を醸し出しているのもいい。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
京都ではないですが、京都に繋がる重要な脚、京阪電車の京橋駅から京都方面へ伸びるあたりの高架下がなかなかオサレなんですよ。

京橋の駅の下ははるか昔にモールができた時に現在と変わらない姿だったようですが、それがすこしづつ延長しているのか。

すでに数年が経過してますが、いまではライブハウスだのパブ風の店だのが軒を…いや、ガード下に連なってて、週末には意外な衣装の意外な客層がぞろぞろ。

近鉄もいま、東大阪あたりを高架工事してますが、はたしてあんな上手い利用ができるかどうか…
よろづ屋TOM
2012/06/11 12:42
TOMさん、まいど〜!コメントをおおきにです。

そうそう、京橋にもありますね。けっこうオサレな。今は伏見に特化した取材ですが、京橋とは違ってかなりディープです。昭和38年ごろにできた伏見桃山のガード下商店街、赤提灯が似合う店、80歳を越え元気でほっこりさせてくれる女将の店、若い世代が頑張ってる店など、いろいろあって、ほんま、仕事でなく、ゆっくり時間を過ごしたくなるエリアです。
猫式部
2012/06/11 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガード下の魅力・京都伏見 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる