今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシェル・カミロ大阪公演、いまだ胸にきゅん!

<<   作成日時 : 2012/05/11 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

5月9日、ビルボードライブ大阪で、ミシェル・カミロのトリオを聴く。8日もあったんだけど、昔なら何を置いても全公演行ってた、しか〜し、この不景気で我が余裕ほとんどなく、どーしようもないので1日のみ。

 博多の友人で、ミシェルご本人からソウル・ブラザーと言われているじそうさんと共にライヴを堪能。昨年発売されたアルバム『mano a mano』(手から手への意味)の曲が中心。他のメンバーは、プエルトリコ出身の敏腕パーカショニスト、ジョバンニ・イダルゴと、ウッド・ベースのリンカーン・ゴーインズ。

 ファースト・ステージで出てきた『You and Me』で、不覚にもまた涙がこぼれ落ちる。なんて美しい曲なのだろうか。古い曲もいくつか。大好きな『And Sammy Walked in』、『Hello&Goodbye』、セカンド・ステージでの『On Fire』、そして一番のお気に入りの『Caribe』は、予想を上回る凄い展開の果てに登場した。

 ステージの後に、ミシェルさんと奥さまのサンドラさんと言葉を交わし、またもや何度か嬉しいハグ!グラミー賞やラテングラミー賞も受けた世界的にも著名な彼だが、90年代に彼を知ってから、人当たりは全く変わらない。ファンに対する満面の笑み、熱いハグ…。私たちを“ファミリー”だと以前に言ってくださったけど、今も同じだ。ジョバンニも、最後までファンと写真を撮ったりしゃべったり、時間を気にしない人で、ステージでも、客席を盛り上げる気配りがあった。

 いったい何度、ミシェルのライヴを聴いたことか。東京にも博多にも、名古屋にも横浜にも行ったし、たまたま滞在していたニューヨークでは本場『ブルーノート』で彼のステージを楽しんだ。ライヴは格別だ。その類まれなるアーティストと同じ空気の中で、その音楽を間近で聴くというのは。と思ってたら、ミシェル自身も同じことを語っている。

http://www.billboard-live.com/membersarea/style/vol137.html

 そうして、ミシェルたちと別れ、翌日にはじそうさんとも別れ、きゅんきゅん鳴るような寂しさが、いわゆる“祭りの後”の寂しさに似た色合いで私を襲ったが、これもまた、いつものこと。日常は、非日常を超えていくのだから。がまんしなきゃ。

 ありがとう!おおきにでした!天才の音楽を間近で体感できた、かけがえのないひととき。あとビルボードライブ東京で、明日12日にもあります。宣伝係ではないけれど、東京のジャズファン、ぜひぜひ!

 あなたに素敵がいっぱいありますように。


 
マノ・ア・マノ
ユニバーサル ミュージック クラシック
2011-06-15
ミシェル・カミロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マノ・ア・マノ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこさん♪先日はたいへんお世話になり有難うございます♪
ほんとうにミシェルは素晴らしい人格者ですね!
それに底知れぬパワー!!
世界中飛び回っているというのに元気なこと元気なこと。
今日は先日知り合ったまきちゃんからメールがありましたよ。
カミ友の輪が広がりますね〜〜っ♪
またよろしくお願い致します。
それはそうと、ジョバンニはうち(天福寺)に行ってもいいか…っていってましたよね。
ほんとに来るんやろか?
まぁ〜〜福岡でライブがあるときでしょうから当分はありませんね〜〜っ
悲しいことですが…
そんなこんなで、
おかげさまで有難うございます。合掌
じそう
2012/05/12 01:13
じそうさん
毎度おおきにです。それから、先日は楽しい時間をいただき、誠にありがとうございました。
いつものことですが、何だか、気が抜けちゃって…。ミシェルたちのぶっ飛ぶパワーに魂を持って行かれた?感じ。

おっしゃるように、人格者ですね、彼は。ラティーナ特有の陽気さと、真のプロフェッショナルだけが持つオーラ、音楽に対する真摯な姿勢…。そういうものがすべてうまく調和していて。

ジョバンニは、じそうさんのところを訪れてもいいか?と尋ねていましたよ。まあ、来日する機会があれば、ということでしょうけれど。

ではでは、ほんまにありがとうございました。
猫式部
2012/05/12 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシェル・カミロ大阪公演、いまだ胸にきゅん! 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる