今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 落合博満さんの直球にうなる!『虎バン』第2弾

<<   作成日時 : 2012/04/29 23:34   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週末に放映されていた『虎バン』の、元阪神タイガースの名捕手・矢野さんと落合さんの対談。

 「今年の阪神は危ない?」というお題目。「若手がレギュラーの選手と同じ練習量ではダメ!」と言い切る。え?そうなの、伸び盛りの若手がさっさと練習を切り上げているんだとしたら、そりゃアカンでしょ。レギュラーのポジションを奪おうとするなら、それ以上の練習をせにゃね。

 マスコミが言う“オレ流”という言い方が私はあまり好きでなかったけど、戦中戦後に活躍してきた先輩からは、「お前がやってることは普通だろ?」と言われたそうな。奇をてらうのでなく、普通に一所懸命…結局、それが一歩一歩上に進む道なんだろうが、彼をちょっと変わってると持ち上げたマスコミは、単にマスコミ受けしない要素(お愛想を言わない、何を考えているか傍からはわかりにくい、喜怒哀楽を大げさに出さない)を拡大して“オレ流”と名付けただけなのか。

 彼は、また、『選手を見る眼』というのを強調していた。指揮官は、他の選手も納得するような正当な評価を、一人一人に注がねばならない、と。“正当な評価”…これが、たぶん、きっと意外と難しいのだろうなあ。

 矢野さんが「落合さんが阪神の監督なら、誰を4番にしますか?」と尋ね、「はっきり言って、4番タイプはいないけど(ありゃ!)、敢えて言うなら金本だろうね」と言うのには、驚いたファンも多かろう。新井選手は、自分が好きなところと実際に打っているところがまるで違うと言う。インサイドが好きなようだが、実際にはまるで打てていないことをもっと考えるべきだ、と。1番はマートンだそう。ホームランというケースもあるな、というのが、相手方バッテリーにプレッシャーを与えるんだそうな。ま、いま、マートンは1番ですけれど、今日も、負けてしまいましたわ。

 最後に「早く監督になれ!見てみたい、オレ」と、矢野さんに言ってたのが印象的だった。しかしまあ、いくらなんでも早いだろうけど、私もいつか矢野監督を見てみたい。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
落合博満さんの直球にうなる!『虎バン』第2弾 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる