今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 台風一過のTOTO大阪公演、立ち見の大入り満員!

<<   作成日時 : 2011/09/22 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 学生時代からTOTOは好きなロックバンドの一つだが、全盛時代にはなかなかコンサートに行けず、彼らがそれぞれソロ活動を始めた後で何回か行ってる。でも、2008年には解散。今回はベーシストとして活躍してきたマイク・ポーカロの闘病支援で急遽TOTOとして来日となった。

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患ったマイク。痛ましい。ジャック・レモンが演じた『モリー先生との火曜日』でも胸がつまったが、健康体だった人の筋肉がだんだんと萎縮し、手足だけでなく内臓や呼吸器の不全をも引き起こす。

 TOTOにはポーカロ3兄弟がこれまで在籍し、屈指のドラマーだったジェフ・ポーカロは、庭に殺虫剤散布中にアレルギーで心臓発作を起こしてすでに亡くなり、今回はキーボード奏者のスティーヴ・ポーカロが25年ぶりの来日だった。

 私の一番のお目当ては、3代目ヴォーカリストのジョゼフ・ウィリアムスである。スピルバーグの映画ではおなじみの映画音楽の巨匠、ジョン・ウィリアムスの息子だが、ややハスキーながら、天に突き抜けるような彼のハイトーンの声が大好きだった。 

 今回も往年のファンには嬉しいヒット作いっぱいのステージ。それは逆に言えば、バンドとしては文字通り終わってるってことなんだと改めて思う。デヴィッド・ぺイチのキーボード全開の『Child's Anthem』で幕を開ける。ジョゼフをヴォーカルに迎えてということで、大ヒットした『PAMELA』や、『TILL THE END』、『STOP LOVING YOU』などが続々登場。私は生・ジョゼフは初めてだったので、目が釘付けだったが、はっきり言って期待していなかった。若い頃とは“別人28号”のでっぷり肥った体型(どっちがデヴィッド・ぺイチかってぐらいに)、顔つきまで変わってるのは知ってるし、TOTO脱退後のソロアルバムを聴いた時に、「あ〜あ、あの素敵なハイトーンは何処に行っちゃったのよ?!」と思ってたから。

 でもね、やはり彼はプロなんだ!と実感され続けた。確かに、若い時と同じとはいかない。だが、プログラムが進むにつれ、どんどん良くなる、声が前に出てくる。あの素敵なハイトーンが、帰ってきたあ!昔からのようだけど、スタンドマイクを小道具にバンバン使い、バック・コーラスの黒人女性に、実にうまいことサポートさせてて、もちろんそれは決まりごとなんだろうけど、観客にも高音部分を振ったりして、無理せずに、うまいなあと魅せる術を知ってるのだ。衰えた部分に目をつぶり、とにかく自力を見せつけたいのか、全部を自分でカバーしようとしてしておおむね失敗するハンパなクロウトもいるけど、彼は自分を知ってて、うまくやってる。そこに目が行った。

 ソロリストとして何度も来日している超絶技巧ギタリストのスティーヴ・ルカサーは相変わらず、彼らしいギターテクを披露してくれたし、ドラムスのサイモン・フィリップスも揺るぎない。ベースのネイサン・イーストは意外に巧みな歌声を聴かせてくれた。最後はやはり、これしかないでしょ、彼らのデビュー盤(邦題は『宇宙の騎士』)からの大ヒット作『Hold The Line』。お金のない学生時代に、バイトでこのアルバムを買って、どんだけ貧しい下宿で聴いたかな。

 おおきに!5月予定の来日が震災後で延期になったけど、日本によう来てくれはりました!みんな、待ってたよ。1曲目からスタンディング、そのままずっとアンコールまで立っててやや疲れましたけどね。もちろん、スタンディング・オベイションの嵐でしたあ。

あなたに素敵がいっぱいありますように。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
猫式部さん、こんばんは。

やりますね〜。TOTOですか。
ほんまに精力的。
来日してたことも知りませんでした。

長いことロックのライブにも行ってないなぁとあらためて実感しました。
心を入れ替えて、いい音を生で聞きに行かないとあかんです。

刺激をありがとうございます。
ヴァン・モリソン、来ないかなぁ。
準会員1号
2011/09/25 22:21
準会員1号さん♪

あなたの好みではないやろな、のはずが嬉しいコメントをおおきに!

ライヴはやっぱりイイですね。フリーランサーの身で今年はかなり金欠ですが、明日どーなるかわからん今(生きとし生ける者、みんなそうなんやけど、今年は災害が多くてつくづく)、行ける時は行っとこ、って感じです。

でも、大きなハコでは、3大テノールのひとり、プラシド・ドミンゴがステージの床にキスをしたというぐらいええ音やったフェスティバル・ホールも無くなり、今は大阪が誇るザ・シンフォニーホールしか期待できないのがつらい。

ヴァン・モリソンとかトム・ウェイツとか来てほしいですね。
猫式部
2011/09/25 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
台風一過のTOTO大阪公演、立ち見の大入り満員! 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる