今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神・矢野捕手がついに引退…か(ちょっと加筆)

<<   作成日時 : 2010/09/03 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 阪神タイガースの調子は上々だけど、近ごろさっぱり姿を見せず、サビシイ想いをしていた。やっぱりというか、ついにというか、矢野捕手が今季限りで引退するというニュースが流れた。

 大阪出身だが、阪神生え抜きの選手でなく、中日からやって来たのだけど、縦じまのユニフォームが素晴らしく似合っていた一人である。キャッチャー・マスクから垣間見える目がりりしくて好きだった。バッターボックスに入る時も、キャッチャー・マスクをかぶって出てきてほしいくらいだった。攻守共に、ええとこでガツーンと期待に応えてくれる選手であり、審判の判定に、両手両足をバタつかせて抗議する熱いシーンも目に焼き付いている。ほんわかした大阪弁も親しみやすい彼だった。

 現在、阪神の“代打の神様”といえば桧山選手だが、その前は八木選手で、彼が引退した時は、勝手に『八木選手に贈る詩』みたいなもんを作ったけれど、今回はそっと見送る。

 スポーツ選手の寿命は短く、指導者や解説者、タレント業としての座を得ても、それを長くキープできるひとはごく僅かだ。飲食店を開くひともいるけれど、それもビジネスの才あってのこと。華やかな世界から一転した別の世界でどう生き抜くか。ひょっとしたら、ずっと日陰で生きてきた人間よりも生きにくいのかもしれない。ともあれ、お疲れさまでした&長い間、おおきに!

 夕方のニュースでは各局共、矢野選手の引退を大きく取り上げていた。記者会見では、やっぱり涙が出ていた。育ててくれた野村監督や、一緒に優勝経験もした星野監督との思い出も語ってくれた。『心・技・体』が大切な仕事なのに、それが追いつかなくなってきたことなども。

 ま、でもタイガースファンは、城島クンの加入が大きなファクターであることを言いたくなるのは仕様がないなあ。心技体は一体だから、どういうことが作用するか知れない。城島クンも頑張って、良い成果を上げているし、タイガースに融け込もうという姿勢を、ほとんどオーバーアクション的にアピールしているが、残念ながら縦じまのユニフォームは、彼にはまだ似合わない。

 ただ思うのは、こんなふうに引退を大きく取り上げてくれる矢野捕手は、現在地点では幸せ者だ。いつの間にかひっそりといなくなって、ファンにすら消息も知れないひとだっていっぱいいるのだから。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神・矢野捕手がついに引退…か(ちょっと加筆) 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる