今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 大阪女の名誉にかけて

<<   作成日時 : 2010/08/22 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 まあね、どーでもいいちゃどーでもいいけど、大阪の女は「デパートでも値切る、まけろ、まけろとうるさい」とテレビで言ってた。あのねー。

 商都だから、歴史的に他の地域に比べて金銭感覚が養われているかもしれないけど、大阪女性のイメージは、“やたらお金のことにうるさい、ちょっとまけてくれへん?とデパートでも値切る、動物柄の服を好む、あつかましい、うるさい”なんだそうである。

 以前、海外旅行初心者の私に、「とにかく値切らなあかん」と教えてくれたのは、神戸に住むマダムだった。まあ、海外ではお金持ちのイメージの日本人を見れば、ぼったくりする輩がいるから、それはそれで正解だったが、いくらなんでも無暗に値切ろうとは思わないし、まずは値切るということが頭の中にない。

 一つのイメージに固めてしまいたいのが好きな日本人って何だろう。自称フェミニストたちが「どうせ男の言うことだから」という言葉を聞くのもヤだ。逆に、「どうせ女の言うことだから」と言われて逆上するのはきっと彼女たちなのに。

 いろんな女がいて、いろんな男がいる。型にはめられるのも、型にはまるのもヤだ。ああ、肩が凝る。

 あなたに素敵がいっぱいありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
関東系番組の場合、とにかくなんでもステレオタイプで決めつけますね…というのもひとつのステレオタイプなんでしょうけど。

司馬先生も書かれてますが、関東ちうか江戸=武士文化のベースは士農工商の差別格差の上に成り立った寄せ集めの街、しかも低湿地の不毛な開墾地に誇るべきものもなかったからで、自分らは将軍の膝元だというプライドを持っていなければやっとれんかったからだ、と。

でもその結果が、江戸以外の地方を見下す事になり、常に他者と自分を比べては、価値観の異なる部分をほじくり出してさげすむ傾向が強くなったようです。

だから江戸に住むには自分の出身地ですら田舎と恥じる、またはなかったこととする習慣が染みついた。それを免罪符に集団に溶け込み、安心を得続けるため常に流行を意識しては必死に取りつくろう。だからアチラ系はなんでもまずカテゴライズし、それに馴染まないものは排斥。

大阪弁みたいな方言を通す人を嫌うのは、自分たちは棄てたのにコイツは我が儘だ…というやっかみもあるのでは、と愚考します。

で、型に入るのを嫌うのは大阪気質ですよ、やはり。あきんどは個性あってナンボでしたし、侍と兵隊に個性は不要でしたから。
よろづ屋TOM
2010/08/24 01:31
TOMさん、おはようさんです

コメントをおおきにです。いやはや皮肉なことに、その番組は、えみちゃんが仕切っている関西系でした。関東出身者もその場にいましたが。

となると、関西人というか大阪びとは、マイナスイメージを逆手にとって、それすらギャグにしてしまうということなんでしょうかね。

もちろんテレビですから、すべて演出されてますし、一部には確かにそういうえげつないオバサンいまして、それを拡大鏡で見せるのがテレビ。しかし、ギャグにしても、そういうイメージを全国的に広める必要があるんやろか? そのへんがようワカランのですわ。関東系なら、TOMさんの言わはること、ようワカルんですけどね。
猫式部
2010/08/24 09:27
上沼恵美子や和田アキコなど、派閥をつくってるようなタレントは思考からして、とうの昔に関東コビ売り型になってると思いますよ。
昨今の主婦向け情報番組もそうですが、マイナスイメージを売ってると言うより『大阪』ブランドを『全国向け』に偽作する事で売り物にしてると思います。
奈良人さんまの「でんがなまんがな」がいい例です。あんな大阪弁は “おまへん” 。

Twitterで知った事ですが、たとえば田村けんじは東京ではずっと下品&裸に褌キャラを求められ、それで出演してるそうです。
また、『ロケみつ』のように大阪発でも関東系へ打って出たような番組では、ちゃんと関東用の “大阪卑下版” コメントカットがあるのだそうですよ。

そんなウラをよく知ってるたかじんは「絶対に関東へは行かへん」宣言してますね。行ったらええようにオモチャにされるだけですから。

『クイズ紳介くん』もかつて島田紳介が関西でやってた『クイズ仕事人(紀香はこれのアシ出身)』が関東進出した途端に、アチラ風に “指導” された結果つまらないボロボロ番組になり、そのまま打ち切りになったものの、奇跡的に大阪で最初のスタイルに戻して復活した、という異例の番組です。

これは推測ですが、ナイトスクープは上岡さんが強かったので、全国ネットになっても大阪スタイルを維持できたのではないかと。
よろづ屋TOM
2010/08/24 16:13
TOMさん、こんばんはー!

毎度おおきにです。そういや、むかーし、鶴瓶が東京の番組でお尻丸出しにして、駆逐されたということがありましたよね。

テレビ番組をいっぱい観てはるTOMさんのご意見、しっかり拝読! そうなんですかあ、何でもかんでも東京=中央に裏で差配されているんやなあ。私も、たかじんは骨のあるおひとやと感じています。

おおきに!
猫式部
2010/08/24 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
大阪女の名誉にかけて 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる