今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS インターネットの功罪と、ひきこもりの関係

<<   作成日時 : 2010/04/19 22:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、愛知県で痛ましい事件が起きた。ネットでやたらと買物をしているひきこもりの長男、思い余ってそのインターネットの契約を解除した家族に腹を立てて、殺傷・放火という事態になったのはご存知のとおり。

 その家族の細かな関係性は他人にはワカラない。ここ数日、ある仕事の準備もあり、これといって特に外出する必要がなく、近所の歯医者や買い物ぐらいしか行かなかったんで、あー、食糧さえあれば家でずっと過ごせるな、これも快適、インターネットは世界につながってるし、と感じていた。しかし、ひとにもよるのでしょうけど、なぜか気分が次第にブルーになっていく。

 きょう、久しぶりにちゃんと電車に乗って外出。仕事で、加古川まで行って、初めてのひとと話もしてきたら、なんか、ブルーが薄れてきた。

 インターネットは便利だ。だけど、ケータイも含め、便利なものは要注意。自分の中の何か感性に関するものを知らない間に奪っていくのではないかと、ふと想った。ネットもケータイもなく、掃除機も洗濯機も自動炊飯器もなかった時代の人よりも、現代人のほうがいつもセカセカと忙しくしているのは何故だろう。情報量の多さに追いかけられているような気持ちになるのは何故だろう。もちろん、私もそういう恩恵にあずかっているのだけれど…。

 やっぱり、足を使って身体を動かし、誰かと顔を合わせて会話をし、その中で感じたり想ったりすること。昔なら、買い物に行けば、商店のオッチャンやオバチャンとあれやこれやと日常会話が楽しめたが、今、スーパーに行ってそういう会話ができるシチュエーションはまず無い。

 ひきこもる人たちがネットに熱中するのは当然だろうが、他人と接触するより顔の見えないものと接触するほうが心地よいと感じる、そのイビツさが、現代のあれやこれやの問題を生じていないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インターネットの功罪と、ひきこもりの関係 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる