今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS ややこしいオッサンが発した“今そこにある危機”

<<   作成日時 : 2010/03/19 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 東京都議会で、『青少年の健全な育成に関する条例』改正案が出され、あちこちで問題視されているが、マスコミはほとんど取り上げていない。青少年の健全な育成のためならええやん? 東京都議会でしょ、うちらに関係あらへん、と思っているなら、ちょっと待って!それは大変な勘違いですよ!

 今回は主に、マンガやアニメなどに向けられた改正だが、これが通ってしまうと、映画、演劇、小説ほか、あらゆる表現媒体にも影響は及ぶだろうし、東京で通れば、右に倣えが好きな国民性、その余波は如何ばかりだろうか、簡単に想像はつく。条例で取り締まるということになると、何でもかんでも(いかに志の高い作品でも、“健全でない”というお上の判断で)十把ひとからげにされてしまう危険性が大いにあり、そして、それを逃れるために、創る側に自己規制というものが生まれる可能性も大いにある。

 マンガやアニメなら一般の共感を得やすいというのか。それならば、毎日、身も心も砕いて作品を創りだそうとしている漫画家やアニメーターたちを何と思っているのだろう。あのややこしい、超タカ派のオッサンは、自身も表現者ではなかったのか(最近、小説を出したらしいが、もうそういう言葉に値しないひとなんだろう)。

 不景気の波が大衆を襲っている今という時期、人々が経済や生活向上ばかりに目が行っている時に、このような条例改正をこそっと出してくるというそのやり口も気に入らない。確かに、「文化よりも、今、食べていくことのほうが大事」という人は多かろうが、このような検閲行為がまかり通ると、日本文化の未来は暗雲に取り込まれるだけだ。条例を侵さない“健全な”表現しか生み出せないとしたら、まっとうな表現者は、死を賭して闘うか、表現をやめるかのどちらかになってしまう。これから育っていく子どもたちのために、豊かな日本の文化や表現活動を残していきたいと望むなら、絶対通してはいけない改正案なのである。

 漫画家のちばてつやさんも大変心配しておられる。↓
http://ameblo.jp/chibatetsu/entry-10480148209.html
 さらに、メッセージをわかりやすくまとめた漫画「―と、ぼくは思います!!」まで作って公開されている。↓
http://chibapro.co.jp/?tbl=gallery


 日本は民主的で自由な国である、というのは、アメリカが民主的で自由な国であるというのと同じように大嘘なのだ。表面下で苦しんでいるひとが見えないだけ。いや、見て見ぬふりをしているだけなんだと思う。

 ナニもできなくても、関心だけは持って頂きたい、ホントに、ほっておいたら、エライことになりますよ。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『青少年育成条例改正案』作家を目指す全ての若者にアラート!!
他人事やないんです。考えて。いま、あなたが描こうとしてるそのマンガ。小説。写真。どれも「思想に反するからNG」になるかも知れへんのです。このアホな法案が通ると。 ...続きを見る
ブツクサ徒然ぐさ
2010/03/20 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
賛同、そして記事のアップ、誠に感謝にたえません。

ほんまに、みんなビンボで忙しいのに、今こそがんばらんとあかんこんな時に、なんでこんなしょーもないことで患わされんといかんのでしょうね、この日本で。

戦後60年経って、やっとゲイシャ、フジヤマ、テンプラ、ハラキリ以外の日本の文化が世界へ羽ばたこうとしてるこの大事な時に、後ろから撃たれんとあかんのでしょうねえ。あー、腹立つ。
このせいでみんなが損した時間と金、某アホ都知事の莫大なポケットマネーで返してくれといいたい。
これが日本と違てどっかの国やったらとっくに暴動、デモでえらいことになってまっせ。

せやけど、ネットが発達した今の日本を舐めるなよ!?
ネットがあったから今回のことも秘密裏には進めんかったんですからね。
ほんま、ご協力に感謝です。
m(_"_)m
よろづ屋TOM
2010/03/20 00:27
TOMさん、コメント並びにトラバもありがとうございまする。

協力というより、私も、もの書きのはしくれのはしくれとして、黙ってはおれませんでした。

昨日も、ある年輩の方とこの件に関してお話ししてたんですが、最近、幼児を登場させるあまりにひどい映像なども簡単に観たりできるようになり、そういうのに踊らされる大衆はもっと賢くならないとアカンとおっしゃってました。モラルや“品格”の低下などが叫ばれる世の中を背景として、こういう改正案が出てきたのでしょうが、それに便乗して、お上にとって都合の悪いものまで排斥されてゆく。あれが良くて、これはダメという、その基準はだれが決めるのか。あのオッサンの懐一つというのが許せない。

暴力的な映像を観た人間がすべて暴力的になるわけではない。殺人事件を扱った作品に触れたことがきっかけで殺人犯になりますか? 

大衆の知性や判断力を全く信頼できない人間に、政治などまかしていていいのだろうか。
猫式部
2010/03/20 10:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ややこしいオッサンが発した“今そこにある危機” 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる