今日の素敵さがし

アクセスカウンタ

zoom RSS 京都みなみ会館へ

<<   作成日時 : 2010/02/14 11:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 映画館が淘汰されていく哀しみをさんざんぶちまけ、昨日はおヒマーということもあり、プログラムを見たとたん、突如、「そうだ!京都みなみ会館へ行こう!」になった。

 JR大阪駅はただいま工事中。空に浮く廊下みたいな部分が、ホームから見えている。大きな駅ビルになるんだろうが、ここからどこか遠くへ旅に出るウキウキ感を包み込むような旅情も残しておいてね。

画像


 大阪から新快速で京都へ、京都から近鉄に乗り換えてひと駅の「東寺」で下車。西へ歩いて3分ほど。東寺の五重塔がすぐ近くに見える。
 以前はパチンコ屋さんが1階にあったが、今は何だかわからない。シャッターが閉まっていた。階段を上がったところに京都みなみ会館がある。京都だからか、うなぎの寝床っぽい細長い造りである。ロビーは自然光が入って明るく、気どったところのない雰囲気は今も変わらない。むかーし、大好きだったルトガ―・ハウアーの出演作品特集がオールナイトであって、一晩、ここで過ごして朝帰りしたこともある。

画像


 かなり暗い写真で失礼。少ないとはいえ、お客さんが引き揚げた後、すばやく撮ったので、全然いい写真じゃない。

 映画は、ロシアのヴィタリー・カネフスキー監督の『動くな、死ね、蘇れ!』と、その続編の『ひとりで生きる』。大人の世界に反抗する少年と少女のふれあい、思春期の切なさ、ある日くるっと反転する人生の奥深さ…。2本で約4時間足らずだったが、ひとときロシアの炭鉱町の住人になった。

「京都みなみ会館」はこちら
http://www.rcsmovie.co.jp/


あ、きょうはバレンタインデー。
初めて男の子にあげたチョコレートは教室の宙を舞った。大好きだったけど片想い。直接渡すのが恥ずかしくて、名前を呼んで振り返った彼に向けて、チョコレートを放りあげた。弧を描いて彼の手にキャッチされたチョコレートの包みを目の端で確かめるや否や、脱兎のごとく駆け出した。逃げちゃったのね。(なんという!失礼だね、アタシ)。胸が震え、手がぶるぶる震え、ながーい校舎の廊下で走るのやめたら、足もガクガクしてた。病気がちでよく休んでいる男の子だったが、ホワイトデーにはちゃんとお返しをくれた。大人になった彼と、一度、地下鉄の構内ですれ違った。スーツ姿だった。あ!と思ったが、声なんてかけなかった。

あれから、いっぱい恋をした。一瞬、人生が交差しただけのみんな、どうしてるだろう。ま、元気でいてくださいね。

あなたにも素敵なバレンタイン・デーでありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねこさん♪いつもいつも有難うございます!

今日は旧正月でした。
で、旧暦の大晦日だった昨日、9条の会のお誘いで[いのちの山河=日本の青空U=]という映画を見てきました。
至極感動的な好い映画でしたが、それ以上に考えさせられる映画でしたよ。
詳しくは【お気軽BBS】http://www.21style.jp/bbs/itido/を御覧あれ!

おかげさまで有難うございます♪
天福坊じそう
2010/02/14 22:20
天福坊じそう様 コメントをおおきに!ありがとうございます。 その映画はキャッチしてなかったんですが、私のブログの11月にも紹介した小池柾人監督が、「いのちの作法」(これも素敵な映画ですよ!)という作品で、沢内村の介護をはじめとする若者たちの取り組みを描いていて、とても印象的でした。 機会あれば、『いのちの山河』も観てみたいです。
猫式部
2010/02/14 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
京都みなみ会館へ 今日の素敵さがし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる